公明党代表【山口那津男】の経歴は?創価学会員なの?有能で頭いい

公明党の代表である山口那津男氏に批判が集まっています。

沖縄県の米軍基地移転に対する反対派のリーダーであった翁長雄志知事の訃報に対してコメントを出したものの「翁長知事も異は唱えられない」と締めくくったことが発端。

世の中からは人間性の欠如だと猛烈な批判が噴出。そのコメントを見て涙が抑えられなかったという人もいました。

そんな公明党代表「山口那津男」とは一体どんな経歴の持ち主の政治家なのでしょうか?

スポンサーリンク

公明党代表【山口那津男】の経歴は?

山口那津男プロフィール

名前:山口那津男(やまぐち なつお)

生年月日:1952年7月12日

出身:茨城県ひたちなか市

学歴:東京大学法学部

山口那津男の経歴を聞くとすごいという一言につきます。

東大法学部を卒業したのち26歳で司法試験へ合格。その後は約8年間に渡って弁護士として活躍します。

なんでも、リクルート事件をきっかけに腐った政治を叩きなおしたいと政界入りを決めたという情報もありました。

政治家挑戦を決めた際には公明党の元代表だった神崎武法さんの誘いもあったようです。

衆議院・参議院の両院で当選経験があり、現在は公明党の代表にまで上り詰めているやり手の政治家です。

スポンサーリンク

山口那津男は有能で頭いい?

山口那津男のことを調べていると、ネット上では「山口那津男 有能」「山口那津男 頭いい」「山口那津男 天才」などと言ったワードがちらほら見えます。

それもそのはず、高校は水戸第一高校へ進学。ここは偏差値70を超える茨城県内でもトップの高校です。

気になる大学は先ほどもご紹介したとおり東大法学部。もう明確にエリートコースを進んでいることが分かります。

東大法学部 → 弁護士 → 政治家 なんて正に絵に描いたような頭いい人の人生です^^;

新党「希望の党」を立ち上げた小池百合子氏が「理想の首相」として名前を出したくらいなので、有能・天才と言った声が出るのも不思議ではないですね。

山口那津男は創価学会員?

公明党の代表ということで、山口那津男が創価学会員なのかが気になる方もいるかもしれません。

周知のとおり、公明党の後ろには日本最大の宗教団体とも言われる創価学会が支持団体として存在しています。

政治と宗教の分離が重要という政教分離の原則も気になるところではありますが、それは一旦置いておきましょう。

公明党の代表は全員が学会員というわけではなく、過去には浜四津 敏子(はまよつ としこ)という創価学会員ではない人もいたようです。

しかし公明党の公認で出馬して政治家となり、今では代表も務める山口那津男が創価学会員というのは非常に自然なことだと思われます。

ネット上でも山口那津男が創価学会員かどうかで肯定・否定の両意見があったようですが、現在では肯定意見のほうが優勢なようです。

スポンサーリンク