送り火で芥川賞の高橋弘希の経歴は?ミュージシャン?バンド名は?

第159回芥川賞(芥川龍之介賞)に高橋弘希さんの『送り火』が選ばれましたね!おめでとうございます♪

この高橋弘希さん、調べてみるとミュージシャンの肩書きも持っているそうなんですよねΣ(・□・;)

気になっちゃったので、どんな人なのか、バンド名は何なのか、調べてみました♪

スポンサーリンク

高橋弘希ってどんな人?経歴は?

まずは、高橋弘希さんのプロフィールをご紹介♪

氏名:高橋 弘希(たかはし ひろき)

誕生日:1979年12月8日

職業:日本の小説家。ミュージシャン。

出身地:青森県十和田市

学歴:文教大学文学部卒業

1979年生まれということは2017年7月現在ですと38歳ですね。

彼の経歴ですが、文教大学を卒業した後は、予備校の講師をされていたそうで、小説家としてのデビューは2014年だそうです♪

第46回新潮新人賞という賞を「指の骨」というタイトルの小説で勝ち取って、作家としてのデビューを華々しく飾った高橋弘希さん。すごいですね^^

でも全てが順風満帆だったわけではなく、大学浪人したり1年休学して執筆活動に集中しても新人賞が取れなかったりと苦労や挫折も味わってきたようです。

スポンサーリンク

高橋弘希はミュージシャン?バンド名は?

高橋弘希はミュージシャンという肩書きも持っています。どうやら予備校講師として働きながらロックバンドに入っていたらしいんです。

作詞や作曲もするし、ボーカルやピアノを担当していたそうで、彼の外見・風貌からしても正にミュージシャンという感じがしてきます。

エレファントカシマシとかそんなバンドにいても不思議じゃない...

ほら、この写真見たらザ・ミュージシャンって感じですよね^^;

そんな高橋弘希さんのバンド名を調べてみたのですが、ネット上では情報が見つかりませんでした...

今もミュージシャンとして活動しているのかどうかに関しては、

小説と音楽は切り分けている

といった趣旨の発言をしていたそうなので、ミュージシャンとしての活動も継続しているとは思いますが、小説に集中していたりするのかもしれませんね。

スポンサーリンク

芥川賞を受賞した送り火はどんな作品?あらすじは?

芥川賞を受賞した「送り火」の内容が気になるという方も多いと思います。

簡単に言うとこれはいじめをテーマにした物語なのですが、そのあらすじはこんな感じ。

父親の仕事の都合で青森へ転校することになった主人公の歩。

中学3年生の歩が通うことになったのは次の春に廃校が決定している学校だった。

歩と同じ学年には生徒が12人しかいないそんな学校で、新しい生活が始まる。

これまでにも父親の転勤に合わせて転校を何度もしてきたことから歩はすぐに青森での新生活に慣れていく。

仲良くなった同学年の男子5人の中にいるリーダー格の晃。

彼にはには意志の強さと行動力があるものの、時おり異常とも思える暴力性を見せることがある。

同級生の稔に対してイジメのような行為に及ぶこともあるが、それでもなぜか稔は歩たちのグループの一員として日々つるんでいる。

歩は平和な生活を壊すまいと静観するもののそんな日常も次第に変化していき恐怖のクライマックスへと突入する。

どうですか、普段はそこまで小説は読まないという人でも気になっちゃいませんか(笑)

芥川賞を受賞するほどのこの作品、気になったら読んでみて損はないと思いますよ♪

スポンサーリンク