サヴァン症候群でも医者になれる?ドラマ「グッドドクター」は実話?

2018年7月12日から山崎賢人さんが主演で「グッドドクター」というサヴァン症候群の医師をテーマにしたドラマが始まりました。

とても感動的で見ごたえのあるドラマなのですが一つの疑問が生まれました。

現実の世界でも本当にサヴァン症候群でも医者になれるんだろうか?

グッドドクターは実話なのか?現実にサヴァン症候群の医者はいるのか?これらについて調べてみました♪

スポンサーリンク

サヴァン症候群でも医者になれる?

以下のツイッターでのつぶやきを見ても、この疑問を抱えているのは私だけではなさそうです。

サヴァン症候群でも医者になれる

結論から言うと、サヴァン症候群でも医者になることは可能なようです。

サヴァン症候群は自閉症の一種とのことですが、自閉症の医者と一緒に働いた経験のあるという人を知っています。

注意

自閉症という呼び名は廃止され、今は自閉症スペクトラム障害(自閉スペクトラム症)と呼ぶそうです。

特定の分野で飛びぬけた能力を発揮する人が多いことでも知られるサヴァン症候群ですから、医療技術を追い求めて天才外科医となる人がいても不思議ではないですよね。

スポンサーリンク

サヴァン症候群でも医者になれるけれども

ただし、やはりドラマのような問題は実際に発生しうるようです。

対人コミュニケーションが苦手というところはネックになり、患者やその家族とトラブルになることも高い可能性で起こりえることが予想されます。

ですので、臨床医(患者の診療に携わる医師)としては少し問題があるとは言われています...

ですが、世の中ではこんな意見もあります(笑)

私もあまり知らなかったのですが、医者には「患者と接しない医者」というものもあるようです。

MEMO
患者を診ることがない研究医といった職業もある

研究というのは一つのことに集中して突き詰めるものなので、サヴァン症候群の人にはピッタリかもしれませんね^^

ドラマ「グッドドクター」は実話?

ドラマ「グッドドクター」を見ていると、もしかしたらモデルになった人がいて、実話を元にしてるんじゃないかって思ったりします。

グッドドクターは果たして実話なのか?

これに関しては、残念ながら実話だという情報はどこにもありませんでした...

グッドドクターは韓国のドラマ放送が最初で、それをアメリカや日本がリメイクしています。

実際に存在したモデルを元に作成されたわけではなさそうですが、実話でないならガッカリかと言われるとそんなこともない個人的には思っています。

このドラマを通して自閉症やサヴァン症候群の人への正しい知識や認識が広まれば、障害を持った本人やそのご家族に何らかのメリットがあるのではと願ってやみません。

完璧な世界なんてないけれども、少しでも多くの人が生きやすい世の中になってくれたらいいなぁと思います♪

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA