五十嵐カノアのwikiプロフィール!年収や大学も!二重国籍なの?

プロサーファーの五十嵐カノアをご存知でしょうか?

実は彼、2020年の東京五輪で正式種目になる「サーフィン」の金メダル候補なんです!

その甘いマスクと鍛え抜かれたボディーとで今人気沸騰中の彼の情報をまとめました^^

スポンサーリンク

五十嵐カノアのwikiプロフィール

名前:五十嵐カノア
読み方:いがらしカノア
職業:サーファー
生年月日: 1997年10月1日
出身地: アメリカ合衆国 カリフォルニア州 ハンティントンビーチ
身長: 175 cm

2018年9月現在ではまだ20歳ですが、誕生日が10月1日ということでもうすぐ21歳になります。

両親の影響で3歳からサーフィンを始めた彼、幼いころから年上をものともせず各大会で優勝し、成長した今では世界最高レベルのハワイ「パイプマスターズ」でも準優勝しました。

更にUSオープンでも優勝を果たすなど日本人のサーファーとしては考えられない成績を残しています。

実は彼の両親は共に日本人なのですが、両親も元サーファーでアメリカへ移住したために彼の出身地はカリフォルニアです。当たり前ですが英語もペラペラです♪

「カノア」という名前ですが純粋日本人なんですよ^^;

ちなみに「カノア」はハワイ語で「自由」という意味だそうで、サーフィン一家ならではのネーミングセンスですよね。

風を受けながら海の上を自由に動く息子を想像していたのでしょうかね^^

スポンサーリンク

五十嵐カノアの年収や大学

年齢的に考えると彼は今大学生でもいいはずなのですが、大学に行っているという情報はありません。

驚くべきことに、五十嵐カノアくんは15歳で既に高校卒業のテストを受けて合格しているそうです。

15歳と言えば高校に入学する歳。。。いわゆる飛び級というやつですよね...

サーフィンだけでなく頭も超いいことになりますが、「サーファーたるもの頭脳明晰であること」がどうやら五十嵐家の家訓らしいです^^:

さて、ではプロサーファーとしての五十嵐カノアの年収はどれくらいあるのでしょうか?

実はサーフィンの大会はそこまで賞金額が高くありません。年に5,6回行われるチャンピオンシップツアーでも賞金総額は平均300万円程度と言われています。

優勝賞金ではなく賞金総額ですので、仮に1位でももらえる金額は200万に届かないのではと思います。

しかし彼にはQUIKSILVER(クイックシルバー)というスポンサーがいて、G-shockともコラボするなど大会以外での収入があります。

大会でも入賞できないこともあるため、おそらく彼の年収は200万~400万程度ではないかと推測されます。

五十嵐カノアは二重国籍?

冒頭でも紹介しました通り、五十嵐カノアはアメリカ生まれです。ということで現在はアメリカと日本の二重国籍を持っていることになります。

国籍の選択期限は以前は20歳だった気がするのですが、現在は22歳までに決めればいいようですね^^

東京オリンピックで日本人としてオリンピックに出るには日本国籍を選択する必要があるので日本にするだろうなと思います♪

テニスの大坂なおみさんみたいに日本人として活躍してくれることを期待しましょう^^

スポンサーリンク