フィリバスターとは?フィリバスターは日本でもある?最長記録は?

2018年7月20日の枝野議員の3時間近くに及ぶ長時間演説が話題になった際にフィリバスターという言葉を耳にしました。

聞きなれない言葉だったので調べてみると、日本語での意味は議事妨害らしいのですが、これについてもう少し詳しく調べてみました♪

スポンサーリンク

フィリバスターとは

フィリバスターとは「議事妨害」という意味であることはお伝えしましたが、これは国会・議会での時間稼ぎをするような戦術を指すようです。

日本語でも議事妨害と言わずにフィリバスターという人はいるので浸透してきているのかもしれませんね。

 

実はフィリバスターの元々の意味は違っているようで、ウィキペディアによると

他国で非合法に軍事行為によって、革命・反乱・分離独立などをおこし、政治的・経済的な利益を得ようとする者

とされています。アメリカの議会について使われる場合だけ、議事妨害という意味になるようです。

 

ちょこっとトリビア
フィリバスターは英語で「filibuster」と書きますが、これは実は元々は海賊を意味する「vrijbuiter」というオランダ語だったそうで、それが少し形を変えて英語になったんだとか。
スポンサーリンク

フィリバスターは日本でもある?

フィリバスターは日本でもあるのか?という疑問ですが、もちろんあります^^;

政治の話では牛歩戦術(ぎゅうほせんじゅつ)というのを聞いたこと・見たことがある人は多いと思います。

 

知らない人のために補足しておくと、牛歩戦術は

議会での投票をする際にめっちゃくちゃゆっくり歩く

ことです(笑)

ちょっとトリビア
牛のようにゆっくり歩くことで時間稼ぎをするメリットの一つに、トイレに行きたくなった議員を減らすことができるらしい!(投票中は一度部屋を出ると戻れない仕組み)

 

牛歩戦術について語ってしまいましたが、日本でフィリバスターと言うときは牛タン戦術(ぎゅうたんせんじゅつ)というものを指すようです^^:

 

牛歩の説明を聞いてるから、牛タン戦術はゆっくり話すことだと思ってしまうかもしれませんね(笑)

牛タン戦術とは

時間制限がある議会での演説で長時間にわたって熱弁する行為

そう、牛タン戦術はゆっくり話すのではありません(笑)

フィリバスターの最長記録は?

日本では今回の枝野議員の3時間近くの演説が個人としては最長記録になっています。

でも世の中上には上がいます。

 

アメリカのTed Cruz(テッド・クルーズ)上院議員は、一度も眠ることなく21時間以上もの間えんえんと演説を行ったそうなんですΣ(・□・;)

目的は予算の成立を阻止するためだったそうですが、本当すごい人もいるものです(;^_^A

 

でも恐らくフィリバスターとしての最長記録は韓国が持っていると思われます。

というのも、計38人の演説者が9日間もかけて192時間25分のフィリバスター演説を行ったそうなんです(笑)

ヤバすぎですよね^^;

スポンサーリンク