みやぞんの過去【画像】障害者施設に8年?ヤンキーで刺青ある?

今ではすっかりお茶の間の人気者になっているみやぞん

愛嬌も良くていい人キャラのみやぞんですが、その過去が気になる方も多いのでは?

障害者施設に8年」や「元ヤンキーで刺青がある」などの噂の真相に迫ります。

スポンサーリンク

みやぞんの過去!

みやぞんは天然キャラが人気ですが、過去には全然違うキャラを演じていたことをご存知ですか?

今でこそ人気爆発しているANZEN漫才のみやぞんですが、ブレイク前は真面目キャラだったそうなんです。

当時はスーツを着て、天然ぶりは一切出さずに落ち着いた雰囲気でトークをしていてそうで、今のみやぞんからしたら信じられないですよね。

なんでもその理由が、みやぞんは昔から「頭が悪い」「ばか」と言われてきたことにコンプレックスがあったからだそう。

同じくタレントの伊集院光さんが「天然キャラをもっと発揮したほうがいい」と助言したことで今のような芸風になったそうですよ。

芸風というか、素を出すようにしたということなんでしょうね^^

スポンサーリンク

障害者施設に8年?【画像】

みやぞんの過去について調べていくと「障害者施設に8年」という情報がありました。

以前からみやぞんに関しては「発達障害なのでは?」という障害者疑惑が出ていることを知っていたのでまさか本当に障害者施設に入っていたの??と思いました。

詳しく見てみると、みやぞんは確かに知的障害者施設に8年いました。ただし、職員として働いていたんです。

社会福祉法人リード・エーというところが運営する「葦の会(あしのかい)作業所」というところで正規職員として働いていたそうです。

この施設では花作り~花の販売~本箱製作などを扱っていたそうで、みやぞんが花に詳しいのはそういうことだったんですね。

芸人としてブレイクしていくにつれ2013年からパートになり、2016年までは働いていたとのことでした。

みやぞんは元ヤンキーで刺青ある?

リーゼント姿で活躍するみやぞんには、実は過去にはヤンキーだったのではという疑惑も。

大人しそうでいい人キャラだとやっぱりこういうことが疑われてしまいますよね。

みやぞんは確かに高校時代に裏番長と呼ばれていたそうですが、ヤンキーではありませんでした。むしろ高校球児として野球を真面目に頑張っていたんです^^

裏番長と呼ばれた由来は「パンチングマシンでのパンチ力が地元の不良の誰よりも上だった」ということがきっかけ。

喧嘩したこともないのに裏番長の肩書きを背負わされてしまったそうです(笑)

もちろん入れ墨(刺青)・タトゥーなんかもありません。噂って本当怖いですね^^;

スポンサーリンク