吉田輝星の弟の名前・年齢は?野球の実力がすごい?かわいい画像も

2018年の夏の甲子園は暑かった、もとい熱かったですよね~!

第100回全国高校野球という節目にふさわしい激戦でしたが注目は何と言っても金足農業の吉田輝星投手

そんな吉田輝星選手には弟がいて、彼にも今注目が集まっているんです!

スポンサーリンク

吉田輝星の弟の名前・年齢は?

吉田輝星の弟プロフィール

本名:吉田大輝(よしだ だいき)

年齢:11歳(小学校5年生)

吉田輝星の弟の名前吉田大輝くんと言います。「たいき」ではなく「だいき」ですね。

私は最初何を思ったのか、吉田輝星をよしだりゅうせいと呼んでいましたので名前の呼び方には注意してます(笑)

「輝」という字が二人ともに入っているので、きっとお父さんの名前にも「輝」という字があるのかなと思ったら、父親の名前は「吉田正樹(よしだ まさき)」さんでした^^;

輝星(こうせい)は「星の様に輝く」という名前だとして、弟の名前の意味は「大きく輝く」という感じでしょうかね。

弟の大輝くんの年齢は2018年現在まだ11歳の小学生。今後が大いに注目されますね。

スポンサーリンク

吉田輝星の弟も野球の実力がすごい?

自然と注目が集まるのは、弟の大輝くんの野球の実力がすごいかですよね。

2018年夏の甲子園決勝は大阪桐蔭 vs. 金足農業。最期は敗れたものの、吉田輝星投手のピッチングによって決勝まで強豪校を破りつづけたことが凄かったですよね。

全国から才能ある選手たちを集めた強豪名門の大阪桐蔭に対して、吉田輝星率いる金足農業は地元の選手だけで構成された正にローカルなチームでした。

そんな吉田輝星の弟は甲子園のスタンドで必死に兄を応援、そして弟も野球をしていることから注目の的になりました。

お兄さんの影響もあり小学校2年生にはもう野球を始めたという大輝くん、実は野球の実力がすごいんです。

ポジションは勿論ピッチャーで、小学生ながらストレートで時速100km/h出すらしい。すごいですよね。

小学生の球速平均が70キロ台~90キロ前半と言っている人もいるので、これは速いです!

熱闘甲子園のかわいい画像

実は2018年の夏の甲子園のダイジェスト放送をした「熱闘甲子園」は最後に吉田輝星の弟のアップで終わったんです。

弟の大輝くんには以前から可愛い(かわいい)、イケメンと注目が集まっていましたからね^^;

実はかわいいのは弟だけでなくお兄ちゃんも。

というか小学生の時の写真だと兄弟二人はそっくりなんですよね(笑)

確かかどうか分かりませんが、弟の大輝くんも兄・吉田輝星と同じく「秋田県立潟上市立天王小学校」に通っていると言われています。

兄と同じ道を歩み甲子園へ。そしてその先のプロ野球選手へと夢は広がってますね♪

今はまだ「吉田輝星の弟」と呼ばれてしまう彼ですが、「吉田大輝」として彼自身が脚光を浴びる日はそう遠くない気がします^^

スポンサーリンク