花咲徳栄の野村佑希はドラフト候補?二刀流?出身中学やシニアは?

2017年夏の甲子園大会でも4番として出場し特大ホームランで世間を騒がせた花咲徳栄の野村佑希

今回の2018年夏の甲子園でもその名前に注目が集まっています。

特に、今回の甲子園は今後のドラフト指名の上でも重要な試合になるでしょう。

スポンサーリンク

花咲徳栄の野村佑希はドラフト候補?

花咲徳栄の野村佑希選手は、内野手として活躍し、時にはピッチャーマウンドにも上がることもあります。

元々は外野手兼投手でしたが、途中から内野手へと変更になりました。

そんな彼ですが、打者としての評価が高く、プロ野球のスカウト陣から見てもドラフト候補として名前が挙がっているほど。

巨人の吉武スカウトも、野村選手がまだ2年生だった2017年の甲子園時点で「今年でも十分ドラフト対象になる」と発言したほど。

2018年には中日の中田スカウトディレクターが以下のように発言

ホームランバッターとして必要なものをすべてもっている

今年2018年の甲子園での活躍次第ではドラフト上位指名が十分期待できる位置に付けていることが分かります。

スポンサーリンク

野村佑希は二刀流?

二刀流と聞いて思い出すと言えば、メジャーで活躍する大谷翔平(おおたにしょうへい)選手ですね。

ピッチャー(投手)としてもバッター(打者)としても大活躍を収めて二刀流の名を世に知らしめました。

先ほども触れましたが、野村祐樹は内野手兼ピッチャーを務めます。彼もまた、二刀流を持つ野球選手になれると期待されているんです。

二刀流に関しては日本ハムの今成スカウトがコメントをしていました。

自分の形で打てる可能性が高い子。格が違う。投げてもこの時期でこのレベルは素晴らしい。投打の軸になる二刀流候補だ

広島の尾形スカウトも以下のようにコメント

投手、打者の二刀流でいけると感じますね

プロのスカウトの目から見ても二刀流で育てようとなるというのは凄いことですよね。

二刀流で行ける選手というのは多くないですから、野村祐樹選手の素質には脱帽です。

野村祐樹の出身中学やシニアはどこ?

そんな才能あふれる野村祐樹ですから、子供の時からから凄かったのではないかと出身中学シニアが気になるところ。

出身中学校・出身小学校

彼はアメリカから1歳半の時に帰国してからは群馬県伊勢崎市に住んでいました。

彼の出身小学校は...

伊勢崎市立境剛志小学校(境剛志の読み方:さかいたかし)

彼の出身中学校は...

伊勢崎市立境西中学校(境西の読み方:さかいにし)

出身シニア

野村祐樹の出身シニアですが、小学2年生から小学6年生までは「剛志ジュニアーズ」に所属していました。

中学に入ると、同じく群馬県にある太田市リトルシニアというチームへ入ります。

このチームの所属中に運命の出会いが起こります。

対戦チームを見に来ていた岩井隆監督(現在彼が所属する花咲徳栄高校の野球部監督)からスカウトを受けたんです。

幼いころから野球を頑張ってきた野村祐樹選手。スカウトされるべくスカウトされ、今度はドラフトへ。

是非プロ野球選手へと歩みを進めてもらって更なる活躍を見せて欲しいですね!

スポンサーリンク