ぼったくり?不注意?管理者は誰?ねぶた祭コイン駐車場騒動を考察

朝日新聞デジタルが流したニュースがツイッターでトレンド入りしています。

内容は「ねぶた祭のコイン駐車場」について。

ねぶた祭と言えば青森県で開催される夏の一大イベントですよね。

コイン駐車場の金額もさぞかし高額になっていると予想できますが予想をはるかに超えていたようです。

スポンサーリンク

ねぶた祭とは

青森ねぶた祭(あおもりねぶたまつり)

ジャンル:夏祭り

開催地:青森県青森市

開催期間:8月2日 ~ 8月7日

来場者数:毎年200万人以上

青森ねぶた祭は、東北三大祭りにも数えられているほどの超メジャーイベントです。

私はなぜか日本三大祭の一つだと思い込んでいましたが、東北三大祭りとごちゃまぜにしてしまっていた模様^^;

スポンサーリンク

ねぶた祭のコイン駐車場騒動

来場者数が200万人を超えるこの夏の一大イベントですから、駐車場の確保が難しいことは言うまでもないですね。

そこで発生したのが今回の問題。

なんと、1時間5000円という高額料金を請求するコイン駐車場が出現したんです。

この駐車場は普段なら20分100円なので60分だと300円となります。ねぷた祭りによって価格が16倍~17倍に高騰していますね...

実際にこの駐車場を使って65,000円という金額を支払った人が出てきたことでニュースとして大きく取り上げることになりました。

ぼったくり?それとも不注意?

さて、今回の騒動が「ぼったくり」なのか「不注意」なのかで議論が起きています。

気になるこの駐車場の管理者・運営元はどこなのかですが、東京にある管理会社「パラカ」という会社が管理をしているそうです。

この駐車場はすぐ近くにある「ホテルJALシティ青森」とも提携関係にあるようで、これが今回の問題の背景にはあったようです。

というのも、ホテルと駐車場管理会社はぼったくりがしたかったわけではなく、ホテル利用者のための駐車場を確保しておきたかったんだとか。

金額についても「60分5000円」や「特別高価格について注意」などと記載をしていて、まさかその金額で借りる人がいるとは思っていなかったようなんです。

ネット上ではホテル・駐車場側を擁護する声が大半な印象...

確かに料金をしっかり確認してなかったというのはドライバーさん側の不注意にはなるでしょうね。ホテルの対応も分からないでもないです。

私は駐車場をホテル客専用に確保して止めれなくしてしまうなどの対応もできたのではないかなと思いましたが、おそらく余計に手間がかかり人員が割かれるなどのデメリットがあったのでしょう。

こういった意見もありましたしね。

自分も不注意で高額請求という経験がないわけでないのですが、ここまで高額なものはないです。

サービスを利用してしまった後で知らなかったと言っても通用しないことが多いですし、相手側も対応に困るでしょうから、内容をしっかり確認する癖を付けないといけませんね。

よく考えなければいけないことが多く息苦しい世の中になったと感じるかもしれませんが、豊かになって生活が複雑になったことのしっぺ返しなのかもしれません。

スポンサーリンク