猪狩ともかが看板で怪我?現在は車椅子【画像】事故現場と賠償金は

最強の地下アイドルとして名高い仮面女子。

その構成ユニットのメンバーである猪狩ともかさんが不幸な事故に遭いました。

ファンやご家族・ご両親の苦痛は耐えがたいものがありますが一番つらいのは本人です。大丈夫なのでしょうか。

スポンサーリンク

猪狩ともかが看板事故で怪我?

猪狩ともかさんは看板事故怪我を負いました。

この事件・事故が起きたのは2018年4月11日のこと。

猪狩ともかさんが東京都内を歩いていた際に大きな看板が強風によって倒れてきました

その看板は猪狩ともかさんに直撃。看板の下敷きになって大怪我を負ったのです。

報道では事故のあった時間は午後1時45分頃とされていてお昼すぎですね。人が大勢いる時間帯で良かったです。

というのも、その看板の重量は相当なもので、偶然通りがかった大の大人たちが数人でやっと持ち上げられるようなものだったんだとか。

そんな重さの看板の直撃を受けたので腰の骨を骨折という大怪我になったのは言うまでもありません。

スポンサーリンク

猪狩ともかの現在は車椅子【画像】

猪狩ともかさんは周辺にいた通行人の手助けもあり救急搬送されましたが、現在は下半身に麻痺が残って車椅子生活をしています。

彼女の父親は元救急救命士をしていたらしく、医師から見せられた脊髄損傷の写真・画像を見て驚愕としたそうです。

自分の娘が車椅子生活になる、もう歩くことができない、ということが分かってしまったんですね。

そしてそれを娘さんにはすぐに伝えられずにいたんだとか。どれだけ辛い思いをしたのか想像できませんよね。

アイドル業が大好きで猪狩ともかの努力を誰よりも理解している家族にはショッキングという言葉では軽すぎるような精神的ダメージを与えたはずです。

でも当のご本人はひたすら前向き。現在の画像を見ると分かりますが、笑顔を絶やさず前向きにアイドルとしての復活へと邁進している現在の様子が分かります。

なんて強いのか。感動で涙が止まりません。

事故現場と賠償金は?

この看板事故の事故現場ですが、東京都文京区湯島一丁目にある「 湯島聖堂 」という場所でした。

看板は湯島聖堂に建てられていた案内板で、事故現場の歩道に倒れてきたのです。

強風が原因と思われていたこの看板事故ですが、実はかなりサビていて老朽化していたことが分かりました。

看板の整備不良であれば多額の賠償金が発生すると思われますが、報道番組のミヤネ屋では1億円~1億5000万円ほどになるのではと言われていました。

看板の所有者の方も驚いていることと思いますが、まだ26歳という若い女性の将来を台無しにしてしまったのでこれぐらいの損害賠償金になりますよね。。。

スポンサーリンク