ドラフト候補『藤原恭大』の家族は父・母・兄?小学校や中学時代

第100回目にもなる今年2018年の夏の甲子園。

プロ野球のスカウトからも注目されている選手が何人もいますが、その中の一人が藤原恭大です。

そんな彼の家族や子供時代(小学校や中学)について気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

ドラフト候補の藤原恭大

藤原恭大(ふじわらきょうた)といえば2018年のドラフト候補生としても名前が挙がっている人気選手です。

実際にプロ野球のスカウトたちからは以下のようなコメントが聞こえてくるほど。

巨人の岡崎スカウト部長

「走攻守がそろっている。間違いなく(ドラフト)上位に入る」

楽天の長島スカウト部長

「高校生だが即戦力に近い外野手。チームにもよるが即レギュラー争いに絡む可能性もある」

オリックスの長村球団本部長

「いい足しとる。走攻守、高いレベル。高校生ではトップレベルでしょうね。他のチームと比べてもチーム力はすごい。個々の能力が高い」

中日の米村チーフアマスカウト

「あの足、あの闘争心。3年以内に首位打者争いもできる。藤原に根尾、報徳学園の小園、3人を獲られたら今年のドラフトは終わる」

これだけの高評価を受けている藤原恭大選手。本当に将来が楽しみで仕方ありませんね^^

スポンサーリンク

藤原恭大の父・母・家族構成は?

藤原恭大の父や母、その他の家族についても調べてみました!

家族構成は父親・母親・兄・本人の4人家族とのこと。

2つ年上のお兄さんも高校で野球をしていたそうで、なんとあの有名なPL学園の野球部に入っていたようです。

残念ながらPL学園野球部は不祥事によって廃部となってしまいましたが、代わりに弟である藤原恭大さんが見事甲子園で大活躍をしているということですね。

ちなみにお兄さんの名前は海成(かいせい)というんだそうΣ(・□・;)

藤原海成なんてすごいかっこいい名前ですね^^

ちなみに父親の名前が藤原史成さんで、母親の名前が藤原道子さんです。

二人とも自営業として焼き鳥屋さんを経営してるとのことです♪

藤原恭大の小学校や中学は?

藤原恭大の出身中学校は豊中市立第五中学です。

中学硬式野球としては知る人ぞ知るオール枚方ボーイズでプレーしていました。

MEMO
オール枚方ボーイズはプロ野球選手も多く輩出している名門

小学校時代まで遡ってみると、彼は小学1年生から軟式野球を始めていたことが分かりました。

小学6年生の時には一年間オリックス・バファローズジュニアに入っていたそうです。

小学校1年生から野球を始めて、中学では名門ボーイズチームに参加しているあたり、小さいころから野球を始めて着々と実力を付けてきたことが分かりますね。

藤原恭大選手ならきっとプロになって活躍の場を広げるのではないかと期待が持てます^^

スポンサーリンク