オウム『麻原彰晃』家族は?嫁と子ども何人?娘・息子の現在と画像

2018円7月の刑の執行によりオウム真理教にまつわる一連の事件に一旦けりがついた感じですが、

ここに来て再び元代表であり刑の執行を受けた麻原彰晃の家族の現在に注目が集まりそうです。

スポンサーリンク

『麻原彰晃』プロフィール

オウム真理教の元代表であった麻原彰晃(あさはら しょうこう)氏のプロフィールをおさらい。

本名:松本智津夫(まつもと ちづお)

生年月日:1955年3月2日

年齢:63歳(2018年7月6日没)

出身:熊本県八代市

オウム真理教元代表

ホーリーネーム:マハー・グル・アサハラ

彼が率いたオウム真理教は「修行すれば超能力者になれる」として沢山の信者を集めることに成功。

若い人を中心に団体は大きくなっていたものの、様々な事件を起こして世の中に混乱を招いたのは皆さまもご存知の通りです。

スポンサーリンク

『麻原彰晃』の家族は?嫁は?子どもは何人?

麻原彰晃の家族についてですが、彼は結婚して沢山の子供にも恵まれています。子供の数はなんと6人にもなるようです。

ただし、これは正妻との間にもうけた子供であって、愛人が100人以上いたと言われており、嫁以外の複数の女性も彼の子供を産んでいると言います。

「私はなぜ麻原彰晃の娘に生まれてしまったのか」という本を出版している四女の著書によれば、子供の数は15人にものぼると言われています。

15人って相当な数ですよね...6人でも十分すごいと思うのですが...

彼の子供たちはかなり苦労していると思うのですが、そんな人たちが15人もいるなんて驚きです。

次に麻原彰晃の嫁に関して見ていきましょう。

大学浪人時代に予備校で知り合ったという松本知子が嫁だそうで、この方は正妻にあたります。

この嫁もオウム真理教の立ち上げやその後に起こした事件の数々に深く関わっていて、のちに懲役刑に服しています。

 

『麻原彰晃』の娘と息子!彼らの現在は?

麻原彰晃に松本知子との間に6人の娘と息子がいます。4人が娘で2人が息子です。

  • 長女(通称不明):1978年(昭和53年)生まれ
  • 次女(松本宇未):1981年(昭和56年)生まれ
  • 三女(松本麗華):1983年(昭和58年)生まれ
  • 四女(松本聡香):1989年(平成元年)生まれ
  • 長男(通称不明):1992年(平成4年)生まれ
  • 次男(通称不明):1994年(平成6年)生まれ

この中でも三女と四女の2人は本を出版したりなどして比較的表舞台に出てきています。

なんでも父親を擁護する三女と父親を嫌悪する四女の間には確執も存在するようです。

三女の(宗教上のホーリーネームはアーチャリー)は顔出しもしていて、以下のように本の表紙に顔写真を載せています。

しかも驚くべきことにAbemaTVに生出演するなど積極的に世間に顔をさらしています。

麻原彰晃の嫁や娘と息子の現在が気になるところですが、当たり前と言えば当たり前ですが彼らの消息は隠されてていて特に情報がありません。

一説では関東地方で嫁と子供たちは身を隠して暮らしていると言われています。

スポンサーリンク